ナルニア国物語とBeady Eye & OASIS特集

 

地震前後の日記を久々にあげてみたり。
「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」観てきました。新キャラのユースチスがいい味出してました。これで前半の性格のまま最後まで行ってくれればよかったのにい。
ストーリーは小さいエピソードを積み重ねた、外伝っぽい感じでスケールは小さめかな。
なのでシビアな展開を求めると少し物足りない。ニヤニヤできる新キャラ達と絵本風のエンドロールが可愛かったです。

下北沢CLUB Queにて「FREAK AFFAIR」行ってきました。
特集は「Beady Eye & OASIS」。これはファンとしては行かねばならぬ。選曲は1stと2ndの頃のUKロックが中心で、3rdのは結局、1曲もかからなかったような。(3rd好きなのにい)
身内っぽいノリになってから、なんとなく行かなくなってしまったけど、当時からのDJやスタッフの子も微妙に印象変わってて、月日の流れを感じてしまう。ああ、そういえばこんな雰囲気だったなあ、しみじみ。
oasis以外ではブラーやヴァーヴ、ステレオフォニックスやストーンローゼスなど、懐かしい曲満載。聴いてるだけで当時の記憶が甦るうううう。
久々におセンチになってしまうイベントでした。

乙一「zoo 1」「zoo 2」、重松 清「口笛吹いて」、恒川 光太郎「夜市」、B. フリーマントル「暗殺者オファレルの原則」、リチャード・バック「かもめのジョナサン」読了。
「zoo」は短編集。今風の星新一(欝な星新一?)て・・・感じなのかな。
「口笛吹いて」も短編集。さりげない日常描写が上手く、物語に抵抗無くすんなり入ってしまう。女教師のエピソード「春になれば」で障害に立ち向かう主人公の姿にちょっと感動。ベタだけどこうゆう話好きだなあ。他のも読もうかな。

「デアデビル:ボーン・アゲイン」日本語版読みました。80年代アメコミの傑作と言われるだけあって完成度高し。最初と最後でマットとキングピンの立ち位置が逆転するのとかしゃれてるなあ。
てゆうか30代前半でこれってフランク・ミラー、才能あり過ぎだろ・・・。どんどんシンプルになっていくデビッド・マツケリーのアートも素晴らしいです。
映画的な構図描くしリアル系向いてると思うんだけど、今はオルタナ系でヒーロー物ほぼ引退なんて勿体無い・・・。


COUNTDOWN JAPAN 10/11

 2010年の年末は幕張メッセにて「COUNTDOWN JAPAN 10/11」行ってきました。28と30の2日参戦。









12/28
・PUFFY
・a flood of circle
・筋肉少女帯
・FACT
・奥田民生
・Perfume
・YO-KING
・BUCK-TICK
・くるり
・ZAZEN BOYS

12/30
・グループ魂
・LOW IQ 01 & MASTER LOW
・OKAMOTO'S
・ORANGE RANGE
・曽我部恵一BAND
・マキシマム ザ ホルモン
・ザ・クロマニヨンズ
・トクマルシューゴ
・斉藤和義
・AA=
・ストレイテナー

・・・と観てきました。
あいかわらずマイペースな奥田民生。28日のPerfumeはお客さんのテンションに圧倒。シンプルなステージでこの人気は凄い。
30日は曽我部恵一BANDでちょっと感動。おっさんが青臭いセリフ言ってるのがカッコいい。演奏も凄く楽しそうで聞いてるこっちもつい笑顔に。
OKAMOTO'Sは開始早々入場規制。若さと勢いのあるステージでした。

30日のイベント終了後、終電に乗って千葉の家へ。向こうで一泊して31日の夜東京に戻り、代官山UNITのカウントダウンパーティーに。
ちょっと予定詰め込み過ぎたかな・・・。あわただしい年末でした。




去年は仕事が忙しかったので、今年はもう少しプライベートと程よいバランスでやってこうと思います。
まあ、長い目で見ればそっちのほうが一番効率良いし。体も無理出来なくなってくるし・・・。

ということで本年もよろしくお願い致します。

ポールダンス発表会

先週末、ポールダンス発表会に友達が参加するとの事で、藤沢のクラブ「1LDK」に行ってきました。
ポールダンス自体あんま見る機会が無いので、今回見るだけでも結構新鮮。クラブとはちょっと違う独特の雰囲気とか・・・面白いすねこれ。
セクシー系衣装もエロい印象は無く、フィギュアや新体操のスポーツ見てるような感じ。各ダンサーの引き締まった肉体がカッコ良かったです。
ヒール履いて逆立ちのままポール上ったりとか、動きもかなりハードで、見てるだけなのになんかちょっと感動。w

そのあと一回お店出て、近くの居酒屋で呑み。3:00過ぎ再びクラブに戻って、軽く踊ってから解散。お疲れ様でした。


オール明けの次の日は休日出勤。二日酔いできつかった・・・。


新宿ピカデリーにて「9〜9番目の奇妙な人形〜」「タイタンの戦い」観て来ました。無難な展開もあるけど面白かったです。
ただ、個人的にもうちょっと濃い味期待してたせいか、思ったより薄味の内容だったのがちょっと残念。まあ勝手に期待してた自分が悪いんですけど。
特に「9」のほうはもっと濃いかと思ってたんだけどなあ。元の短編を薄ーーく伸ばしたような印象だったなあ。


m2さんから映画秘宝6月、7月号頂きました。いつもありがとうございます。
6月号、ゼブラガールの表紙がインパクト有り過ぎです。w
アイアンマン2の記事はネタバレ怖いので、映画観てからじっくり読みます。

COUNTDOWN JAPAN 09/10

あけましておめでとうございます。
今年も去年同様、仕事も遊びも頑張って行きます。2010年もよろしくお願いします。

年末は幕張メッセにて「COUNTDOWN JAPAN 09/10」行って来ました。
12/29と12/30の中2日参戦。
海浜幕張行き電車は、COUNTDOWN JAPANの人、ディズニーランドの人、コミケの人、GLAYライブの人、と微妙にカオス状態でした。


12/29は
・氣志團
・The Birthday
・DOPING PANDA
・Base Ball Bear
・THE BACK HORN
・RIP SLYME
・BEAT CRUSADERS

12/30は
・フジファブリック
・GOING UNDER GROUND
・凛として時雨
・GRAPEVINE
・トータス松本
・SHAKALABBITS
・TEAM紅卍
・ZAZEN BOYS
・東京事変
・グループ魂

・・・と見て来ました。
BEAT CRUSADERSでは、お客さんみんなでお○んコール。みんな楽しそうだなあ。w
ZAZEN BOYSはメンバーがノリノリで演奏しているのが印象的だった。
グループ魂は圧巻のパフォーマンスがいちいち楽しい。

各トークでは、ノリPネタとマイケルネタ多し。みんな同じ事考えてるのね。w
ただマイケルのは個人的にはあんまり笑えなかったけど・・・。

そして12/24にボーカルの方が亡くなったフジファブリックは、追悼として過去のライブ映像を上映。
今回のイベントで初めて観ようと思った程度のニワカだけど・・・残念です。

club snoozerとくるり

先週末、代官山unitにて「CLUB SNOOZER 14TH ANNIVERSARY & X'MAS PARTY」行って来ました。
スペシャルゲストは・・・くるり!
ゲスト発表されてから、すぐに前売り完売。0時過ぎに店内入ると、すでにライブ待ちのお客さんですし詰めのギュウギュウ状態。す、凄い人気だ。

でライブですが、目の前(3、5mくらい)で生くるり堪能してきました。1時間ちょいの演奏もあっという間で、演奏曲は「ロックンロール」「ワンダーフォーゲル」などなど。ボーカルチェンジしたり、普段やらない曲やったりと、変則的な感じで楽しかったです。

DJではweezerの「photograph」、fatboy slimの「praise you」。ラストはradioheadの「creep」と、30過ぎのオッサンにはなにかもが懐かしい・・・。(最近のもかかってましたけど)

最近疲れてたので、久々のクラブ楽しんできました。良い息抜きになったかと。来年のイベントも楽しみです。


エレグラと映画と

先々週末「エレクトラグライド」行ってきました。2005年から4年ぶり再開のエレグラ。「どんなもんかしら」と今回初参戦してきました。
WIREと比較されるみたいですが、DJ以外のライブが楽しかった。値段がWIREよりちょびっと安いのも好印象。
で目玉はなんといっても・・・クリス・カニンガム! あの映像見ながら踊れるなんて、なんと贅沢な。
編集もいちいち面白くて終始ニヤニヤしっぱなしでした。生でクリス・カニンガム見れただけでもう大満足なイベントでした。いやー楽しかったなあ。

次の日は久々の地元呑み。日本酒飲みすぎたせいで帰りの電車がキツかった・・・。

先週末は「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」「イングロリアス・バスターズ」観てきました。
「イングロリアス〜」はブラッド・ピットが漫画っぽいキャラで楽しい。劇場シーンのふてぶてしい表情とか。w
会話の駆け引きとか、先の読めない展開にドキドキ。緊張感あるなあ。
とりあえず時間置いてからもう1回行ってきます。

「THIS IS IT」は同ツアーのリハーサル映像がメインのドキュメンタリー映画。ドキュメンタリーということでマイケルの人間性が見えるようなのを期待するとちょっと物足りないかも。
舞台風景が個人的には新鮮だったので十分満足。お腹いっぱいです。いやしかし、バックの映像とかセットとか、やたら金掛かってるなあ・・・。
ネタバレですがジャクソン5の曲が流れるとこでちょっと感動。 セットリストもメジャーなのばっかりだし、つくづく残念だなあ。
あと・・・リハーサル映像メインで行くなら「地球云々〜」のテーマは、観てて唐突だったのでいらなかったかも。
で映画の余韻に浸って、久々にCD引っ張り出して聞いてます。ああ懐かしい。

だらだら読んでいたスティーヴン・キングの「IT」、やっと読了。
ITの正体にゲンナリして2、3巻あたりは惰性で読んでたけど、ラストあたりの展開にちょっと感動。
でそのあとに実写版観たんですけど・・・。ひ、ひどいですね、これ。w

WIRE09

先先週末、横浜アリーナにてWIRE09行ってきました。行く前に日本酒飲み過ぎたせいで、途中からヘロヘロになってしまった・・・。
会場では変にはしゃぐようなお客さんも少なく、わりとゆったり楽しめる雰囲気。これで飲み物がもう少し安いと言う事無いんですけど。



先週末は知り合いの三回忌に行ってきました。そのあと上野の本屋で、高校時代の先輩が描いてる「ロボット残党兵」2巻を皆で購入。


「ダークナイト翻訳版」「TOP10翻訳版」「All Star Batman and Robin, the Boy Wonder1」「Die hermetische Garage」購入。

「ダークナイト」は名作「ダークナイト・リターンズ(DKR)」とその続編「ダークナイト・ストライクス・アゲイン(DK2)」2作収録のお買い得セット。これ、2冊セットのboxかと思ってたら、2作を1冊にまとめてたのね。すごく・・・ぶあついです・・・。
DKRは新訳だそうで、前回の翻訳版より読みやすくなり、細かい解釈の違いとか色々見比べると楽しいです。
その続編DK2はフランク・ミラー独特の気持ちいいart、ページめくるリズム感が楽しい。
他のレビューではクセのある絵柄と、(DKRと比べて)薄めのお話で評判悪いですけど・・・。ファンなせいかわりと気に入ってます。

「TOP10」はアラン・ムーア(「ウォッチメン」「フロム・ヘル」原作)の最新作。「アストロ・シティ」とは違う「スーパーヒーローのいる日常」をB級刑事ドラマのノリで描いてます。
・・・あとアラン・ムーアといえば「フロム・ヘル」日本語版が発売間近!ということでyoutubeにトレイラー・ムービーがupされてます。おお、気合入ってる。楽しみだなあ。



「Die hermetische Garage」は以前見た講演の勢いで購入。ページめくるたびにころころ変わるMoebius絵が楽しい。

「All Star Batman and Robin, the Boy Wonder1」は原作:Frank Miller、アート:Jim Lee。
仲間のジャスティスリーグを手玉に取るバットマン。グリーン・ランタン(黄色が弱点)に黄色の部屋(全身黄色にペインティング)で交渉したりとか・・・バットマン、ずる賢いなあ。w
他にはワンダーウーマンがDK2のコスチュームなってたりとか、細かいトコでニヤニヤしてしまいます。


ちびちび読んでいた「指輪物語」の3部作、やっと読了。
映画はビジュアル&ドラマ重視。原作は世界観含めたディテール重視、なのかな。色々比較しながら読めて楽しかったです。「ホビットの冒険」は映画のあとかなあ。

で比較になるかと思い「ライラの冒険 黄金の羅針盤」も読了。これ面白いんですけど、キーアイテムの羅針盤がちょっと万能過ぎる気が・・・。
未来予知できる羅針盤の設定が「能力、使用にも制限無し」とあまりに無敵過ぎて、読んでて少し萎えてしまう。
あといまさらですが映画版のキャスティングが素晴らしい。コールター夫人役のニコール・キッドマンなんてもうハマリ過ぎです。

SUMMER SONIC 09

先週末「SUMMER SONIC 09」行ってきました。
土曜はステージ移動多め、日曜は各ステージ最初から最後までゆったり観てきました。

8/8 sat
・op アントニオ猪木&ボブサップ
・HOLLYWOOD UNDEAD
・ORESKABAND
・THE ALL-AMERICAN REJECTS
・MANDO DIAO
・EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX
・HOOBASTANK
・THE TING TINGS
・CSS
・LINKIN PARK
・KLAXONS
・中田ヤスタカ(capsule)

8/9 sun
・op 渡辺直美
・CANCER BATS
・エレファントカシマシ
・MONGOL800
・ユニコーン
・SONIC YOUTH
・LIMP BIZKIT
・BEYONCE

・・・と観てきました。
「降らんだろ」と勝手に安心してたら、日曜の「RAZORLIGHT」演奏中、突然の雷雨。ユニコーンのときはもう開き直って、びしょ濡れで観賞。フジロック3日間雨に比べればなんでもないさ・・・。
あとユニコーンは、 こ の 動 画 聞いた後だったので、メンバーそろって登場しただけでちょっと感動してしまった。

サマソニ常連の「Puffy AmiYumi」は入場規制のため入れず。
観たかった「LADY GAGA」は終電危なさそうだったので断念。
大盛り上がりの「LIMP BIZKIT」、ジャンプしまくりのせいで膝ガクガク、フラフラに。
今回、好みのが少なかったせいか「あまり楽しめないかな」と思ったけど、なんのなんの、がっちりサマソニ満喫してきました。来年も楽しみです。


FUJI ROCK FESTIVAL '09

先週末、金土日の3日間「FUJI ROCK FESTIVAL '09」行ってきました。

大きなアクシデントも無く、安全快適にフジロック満喫してきました。(一緒に行った子が携帯壊してたけどw)
ご飯全般おいしかったし。場所取りせずともステージ前行けるのも良かったです。

あとは初日のシャトルバス(1時間待ち)など、移動系全般が時間読みにくく、多少グダグダなところはありましたが・・・うーん、次回はもうすこし要領良く出来たらなあ。

で肝心の天気ですが
金・・・終始雨
土・・・快晴→夕方から雨
日・・・曇り→夕方から雨
と、3日連続の雨模様・・・。まさか2日前に買った防水携帯が、こんなに大活躍するとはなあ。 まあ、快晴だと体力ガンガン奪われちゃうから、今回の天気で良かったのかも。おかげでいっぱい回れたし。


7/24 Fri
・CAGE THE ELEPHANT
・DOVES
・Chara
・ハナレグミ
・PAUL WELLER
・OASIS

7/25 Sat
・The Birthday
・BILLY BOY ON POISON
・UA
・筋肉少女帯
・JET
・BEN HARPER AND RELENTLESS7
・忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラ
・DINOSAUR JR.
・FRANZ FERDINAND

7/26 Sun
・COBRA STARSHIP
・STREET SWEEPER SOCIAL CLUB
・TWISTED WHEEL
・髭(HiGE
・Jimmy Eat World
・BRAHMAN
・FALL OUT BOY
・WEEZER

・・・と観てきました。
ハナレグミの「光と影」で感動。
OASIS1曲目の「Rock n Roll Star」で感動。
WEEZERの「photograph」で感動。久々なせいか、昔のこととか思い出してしまうなあ。
筋肉少女帯、楽しくてカッコ良かった。
2日目トリのFRANZ FERDINANDが思ってたより良かった。クラブくらいでしか聞いてなかったけど、意外と知ってる曲多いなあ。
BRAHMAN、モッシュ、ダイブと盛り上がりまくりで全く動けず。終了後、放心状態のお客さんがちらほら・・・。w

宿の手配など気楽に参加できないとこもありますが、また行きたいなあ。

oasisとウォッチメン

千葉幕張にてoasis来日公演行ってきました。代表曲たっぷりの2時間たっぷり堪能して来ました。
「Whatever」で何故兄貴が歌うんだと思いつつ感動。
「Don't Look Back In Anger」の大合唱で、わかっていてもやっぱり感動。
曲順のせいか、少し物足りない盛り上がり方だったけど、久々に生oasis観れて満足です。
て今年のフジロック来るのかあ・・・。金曜らしいけど。


「ウォッチメン」は新宿バルト9のオールナイト。
前世代ヒーロー(ミニッツメン)の紹介をかねた静止画風OPが良かった。アンディ・ウォーホルや狙撃シーンなど、原作にないシーンも違和感なし。
映像に関しては現代風にアレンジしたコスチューム、冷戦時代を象徴するような暗ーい世界観、「300」ばりのスローモーションを多用した(そんなにしつこくない)アクションシーン、などなど完璧なアレンジで文句なし。期待を裏切らない映像で、さすがです、ザック・スナイダー。

ただ・・・ローリーの過去や、ロールシャッハの精神鑑定シーンはもうすこし丁寧に描いて欲しかった。全体的にダイジェストっぽいせいか、イマイチキャラに感情移入できないような。いやまあ、各エピソード全部再現したら10時間でも終わらないのはわかるんですけど・・・。
とちびちび文句言いつつ、とりあえずもう1回行ってきます。DVDも買います。完全版期待してます。


先日の3連休は絵画教室のメンツで誕生日会でした。誕生日会終わったあと1時間ほど軽くカラオケ。
次の日は展覧会のパーティー。モデルさんが欲しいという事で出展した油彩をプレゼント。
その前の週はガーラにてスノボしてきました。寝坊のため1時間ほど遅れて合流・・・。


アンネ・フランク「アンネの日記」

ヘレン・フィールディング「ブリジット・ジョーンズの日記」
お馬鹿なブリジットが可愛かった。

アイザック・アシモフ「地球は空き地でいっぱい」

ロイス・マクマスター・ビジョルド「ヴォル・ゲーム」
マイルズシリーズ。複線を変に引っ張ること無く、きちんと完結しているのが良かった。なにより読んでてワクワクするし。今度続編読んでみます。

スティーヴン・キング「ドロレス・クレイボーン」
読み応えあって面白かった。感情移入して最後ちょっと感動してしまった。ズルいなあ。

ジェイムズ・H・シュミッツの「惑星カレスの魔女」
宮崎駿の表紙絵に引かれて購入。未成年魔女(ほぼ恋人)と大冒険する中年パイロットのお話し。・・・。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode