デザイン・フェスタvol.28

告知遅くなりましたが、デザイン・フェスタvol.28両日出展します。
ブースはD-0028です。良かったら遊びに来てくださいー。

えふでHPはこちら↓
http://www.tenkiame.com/fde/

GAN-BAN NIGHT'08

先週末、幕張メッセにてGAN-BAN NIGHT'08行ってきました。
恵比寿で絵画教室組と合流、軽く飲んでから海浜幕張へ。

・BASEMENT JAXX
・VITALIC
・JUSTICE
・BOYS NOIZE
・TAKKYU ISHINO
・・・見てきました。
あまり客層が偏ってないせいか、会場内はリラックスした雰囲気。気軽に楽しめて良かった。
帰りの電車では、久々に爆睡してしまった・・・。おつかれさまでした。


m2さんから映画秘宝12月号、11月号頂きました。いつもありがとうございます。
12月号特集は「殺るか、殺られるか!!この暴力映画はスゲェ!!」
オリジナル版観てないから興味なかったけど「デス・レース」面白そうね。
11月号は「みうらじゅん、松本清張を語る」が面白かったです。
「ゼロの焦点」断崖は自殺名所だったとか。
解決しない気持ち悪さとか。
ただ、m2さんが聞き手役なのは勿体ないような・・・。

・フリーマントル「別れを告げに来た男」
冷戦時代の取調官対ソレン亡命者のお話。テンポよく読めて面白かった。

・フリーマントル「消されかけた男」
「別れを告げに来た男」の次に読んだせいか少し物足りなった。話の展開が似てるせい?シリーズ物らしいので、続きはもうちょっと時間置いてから読んでみます。

・ロバート・A・ハインライン「人形つかい」

・ハーラン・エリスン「世界の中心で愛を叫んだけもの」
短編集。荒廃した近未来が舞台の「少年と犬」が面白かった。

・ジェイムズ・ティプトリー・Jr.「たったひとつの冴えたやりかた」
作者心中自殺が悲しい。

・ロイス・マクマスター・ビジョルド「自由軌道」

・アーサー・C・クラーク「イルカの島」

・松本清張「溺れ谷」
大屋はトリ屋を続けるのか?鶴田元農政局長の死は事故なのか?藤岡真佐子は?竜田香具子は?
・・・など、読後に色々想像させるラストが良かった。

デザインフェスタに向けて

久々の日記更新です。
次回のデザインフェスタに向けて、ちびちびと準備中です。
画像は今回のDM。水色ベースにまとめてみました。


高校の先輩の一周忌に行ってきました。

劇団四季の「CATS」見てきました。
猫の「タントミール」がスレンダーで可愛かった。

STUDIO COASTにてスカのイベント「CLUB SKA」行ってきました。
スカパラ以外知らないけど楽しかった。帰りはやっぱりヘロヘロに。

友人の会社社長がDJしてるイベントにお邪魔してきました。

やっと「アイアンマン」観て来ました。色々突っ込みたくなるシナリオだけど、楽しかったです。 アーマーもカッコ良かったし。効果音がいちいち重そうなのも良かった。


だんだん忙しくなってきたので、今週から絵画教室を1、2ヶ月ほど休会。 ああ、受賞者展の作品どうしよう・・・。


最近お気に入りのストップモーション。

MUTO a wall-painted animation by BLU


Amazing chalk board animation!!


ちゃんと最後までやり切ってるのが凄いなあ。


ゴッサムナイト

「バットマン ゴッサムナイト」購入しました。本編は・・・

> Production I.G、STUDIO4℃、マッドハウスといった日本を代表するアニメ制作会社と、西見祥示郎氏
> (『鉄コン筋クリート』キャラクターデザイン/ 総作画監督)、青木康浩氏(『アニマトリックス』原画、
> 『スチームボーイ』原画)他、世界に名だたる6名の監督が、ダークナイトへと続くバットマンの軌跡を
> オムニバス形式の6話のアニメーションで表現。

・・・という、まんま「アニマトリックスのバットマン版」という内容。
「鉄コン筋」っぽい絵柄が特徴の第一話「俺たちのスゴい話」が面白かった。

それと特典に90年代のアニメシリーズ「Batman Animated 」が4本収録されています。なんと豪華な。
過去作のパロディ(ブルース・ティム版「ダークナイト・リターンズ」)が見れる「ダークナイトの伝説」が良かった。女ロビンのポーズとか、愛情感じるネタ満載で、思わずニヤニヤしてしまいます。
「Batman Animated 」、BOXで出ないかなあ、買うのになあ。


有楽町にて「ダークナイト」2回目、「デトロイト・メタル・シティ」観て来ました。「ダークナイト」は初見で気付かなかった細かいトコが見えたりして楽しかった。女刑事のとこ、ちゃんと匂わせてるのね。「デトロイト〜」はもう少し過激なギャグでも良かったような。


先週末、デザイナー飲み会にお邪魔して来ました。
参加者はイラストレーターの山下しゅんやさん、藤沢孝さん、格闘ゲーム「ヴァンパイア」で有名なBENGUSさん、ゲーム系デザイナーの方などなど。日本酒飲み過ぎてしまい、帰りはフラフラになってしまった・・・。

ヱヴァとダークナイトとハルク

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」「ダークナイト」「インクレディブル・ハルク」、あと「スカイ・クロラ」の2回目観て来ました。

「ヱヴァ」は新文芸座で「ラブ&ポップ」との2本立て。
「ヱヴァ」はギミックをちゃんと見せてくれるのがオタク的に嬉しかった。高層ビルが沈む時ロック(?)がくるくる周りながら外れたり、陽電子砲のカートリッジがガチャンっと飛び出したり、エヴァがジオフロントから地上に出るときに肩のトコでショック吸収したりとか。その辺いちいち見せてくれるだけで、ギミック好きには堪りません。
公開時ちゃんと劇場行けば良かったなあ。勿体無い事してしまった・・・。

傑作と評判の「ダークナイト」はシビアな雰囲気が良かった。ジョーカーの存在感が凄かった。
ただティム・バートン版や、ブルース・ティムのアニメシリーズ、フランク・ミラーの「ダークナイト・リターンズ」などでハマったアメコミ好きとしては・・・ヒーロー物というより犯罪映画な内容とか、リアリティ優先のバットモービルとか「もう昔みたいな漫画っぽい展開は古いんだよ」と製作者に言われてるようで悲しくなってしまう。いやまあ、懐古主義と言われればその通りなんですけど・・・もっと漫画っぽいのも観たいんだよおおお。
ちなみに「ダークナイト(暗黒の騎士)」はバットマンの愛称のひとつで、スーパーマンは「The Man of Steel(鋼鉄の男)」、スパイダーマンだと「親愛なる隣人」などがあります。
ともかく映画は傑作なので近いうち2回目行ってきます。

「インクレディブル・ハルク」は最後の展開にニヤリとしてしまった。内容は「スパイダーマン」「ダークナイト」と比べると少し物足りないかも。とりあえず次のアイアンマンを楽しみに待ってます。

あと神宮の花火大会行ってきました。花火久々なので楽しかったです。

サマソニ08とポニョとスカイクロラ

先週末SUMMER SONIC08行ってきました。今年も去年同様2日参戦。
真夏開催なので毎回熱中症が心配ですが、今回は2日とも曇り空で快適なサマソニでした。

8/09は
LOS CAMPESINOS!
YELLE
THE SUBWAYS
ZEBRAHEAD
PANIC AT THE DISCO
the verve
THE PRODIGY

8/10は
THE TEENAGERS
CRYSTAL CASTLES
BOOM BOOM SATELLITES
ALICIA KEYS
COLDPLAY

・・・と行ってきました。
8/9のメインはthe verve。Richard Ashcroftがふてぶてしくてカッコ良かった。みんな大好き「Bittersweet Symphony」のイントロ聞いただけで感動してしまった。
その前のTHE SUBWAYS、ZEBRAHEADも良かった。

幕張メッセではPerfumeが早々に入場規制。もの凄い人気だなあ。
DEATH CAB FOR CUTIEはthe verve優先のため、今回は断念。「Transatlanticism」聞きたかった・・・。
続く8/10はCRYSTAL CASTLES→BOOM BOOM SATELLITESでぐったりでした。
つ、つかれた・・・。

今回は男4女5と、女性多いグループで行動したのであまり男っぽいのは行かないようにしてたんですけど、次回は久々に男臭いのメインで行ってみようかとちょっと思ってます。10周年らしいし!とりあえず今回も楽しいサマソニでした。みなさんお疲れさまそにでした。


渋谷にて「崖の上のポニョ」「スカイ・クロラ」観てきました。
スカイ・クロラは押井節全開でファンには安心の内容。イノセンスと比べるとウンチクもだいぶ少なめで、観やすくなっていた。それでも押井映画なので、一般受けは難しいでしょうけど・・・。
個人的にはキャラのコスチュームが淡白なので、もう少しこだわって欲しかったなあ。まあ、オタクな感想ですが。

賛否両論のポニョは「面白い!」とも「つまらない」とも言えない不思議な映画だった。2回目ではまた印象変わりそうな気もしますけど。

「たけくまメモ 」
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_746c.html#more
> これはすでに多くの人が指摘しているのですが、『崖の上のポニョ』には、
> こうした作品世界を成立させるうえでの「前提条件のほころび」が、
> 数え切れないくらいに見受けられます。
> 過去にも宮崎アニメには、こうしたつじつまが合わない箇所が確かにあった
> のですが、はるかに穏当なものでした。『ポニョ』はそれが多すぎて、しかも
> 説明がまったくないので、観客は「あら可愛い」とか「まあ綺麗」だとか考える
> 以前に、不安になって黙ってしまうのです。

超映画批評
http://movie.maeda-y.com/movie/01143.htm
> 押し寄せる波やあふれる古代魚、落ちてくる月、ポニョが過剰反応する謎の
> トンネル、老人ホームの人々など、死をイメージさせる要素があまりに
> 多すぎて、個人的には異様な鑑賞後感を味わう羽目になった。
> 「神経症の時代に向けて作った」というが、むしろこの作品こそがパラノイア
> 的で気味が悪い。
> 絵本調のパステルカラーによる妙に明るい雰囲気とのギャップがその思いに
> 輪をかける。

> そうした意味では、これを何の疑いもなくハッピーエンドのかわいらしいお話、
> と見られる人は幸福といえるだろう。

映画秘宝9月号

m2さんから映画秘宝9月号頂きました!いつもありがとうございます。
特集は「アメコミ・ヒーローの魅力教えます!!」。メジャーどころの「アイアンマン」「ダークナイト」「ハルク」の紹介や、若干マイナーの「ヘルボーイ2」「パニッシャー」などのプチ紹介もあり。
記事によると映画にあわせて「ウォッチメン日本語版」の再販がほぼ決定だそうで。出版社変わるなら再編集版になったりするんだろうか。確か2、3年前にカラーやり直したのが出たからそれになったりするとか・・・。

海外のイベントで公開された「X-MEN ORIGINS WOLVERIN」の予告編、お、面白そうじゃないか・・・。
ガンビット登場で盛り上がってるなぁ。太ってるのはブロブかな。


先週末、絵画教室のボウリング大会やってきました。
景品買ってボウリング場に予約、当日夜クラス終わってから渋谷へ。
他のクラスの方や、辞めた人にも声かけて、人数は全部で・・・24人!
どうもお疲れ様でした。

来月のサマソニまでいよいよあと少し。あードコ行こう・・・。
  • 2008.07.31 Thursday
  • -
  • 19:04
  • -
  • -

押井守ナイト

新文芸座にて「スカイ・クロラ公開記念・押井守ナイト」行って来ました。ラインナップは
・GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
・イノセンス
・アヴァロン
・機動警察パトレイバー2 the Movie
・・・の4本。
場内は通路にパイプ椅子まで設置して、ほぼ満席状態。「スカイ・クロラ」と「攻殻2.0」効果?
攻殻1は観るの久々なせいか新鮮に観れて良かった。
アヴァロンは前半で少し寝てしまった・・・。
パト2は緩急ある、メリハリきいた演出がカッコ良かった。

次回第二夜は
・うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー
・紅い眼鏡
・人狼
・天使のたまご
・・・というラインナップ。なんとマニアックな。
「紅い眼鏡」と「人狼」は観たいけれど、ほかに予定が入っちゃってるので断念・・・。むむむ。

久々ホークス戦

久々にホークス戦行ってきました(ホークスvsライオンズ)。で結果は見事我らがホークスの勝利!いやあ、いい試合でした。あとは久々にクラブ行ったり、ライターさんの飲み会にお邪魔したりしてました。


・五十嵐大介「魔女」
まんが夜話の絶賛コメントが気になり購入。雰囲気あって面白かった。

・WarrenEllis、AdiGranov「Iron Man: Extremis」
映画公開も間近のアイアンマンの原作本。映画の印象そのまんまのアイアンマンがカッコイイ。アート担当のAdiGranovは、カッチリした表現が上手いなあ。
http://www.adigranov.net/pi/coppermine_menu/displayimage.php?album=15&pos=1

・大友克洋「キャラクターオブ幻魔大戦」
アニメ映画幻魔大戦のムック本(中古で購入)。パブイラストやキャラ設定、小説版の表紙など充実した内容。ベガは今見てもカッコいいなあ。勢いでフィギュアまで買ってしまった・・・。

・韮沢靖「仮面ライダー電王イマジンワークス」
「PHANTOM CORE」で有名な韮沢靖の怪人デザイン集。

・山田風太郎「魔界転生」

・ロバート・A・ハインライン「月は無慈悲な夜の女王」
前向きでちょっと寂しいラストが良かった。

・村上龍「トパーズ」

・村上龍「ヒュウガ・ウイルス 五分後の世界?」
五分後の世界の続編。前半の「日本人の誇り云々」は人によっては説教臭く感じるかも・・・。ウイルス絡みがメインになる中盤からは、入りやすい展開で集中して読めて面白かった。

・松本清張「鬼火の町」
松本清張の捕物帳。テンポよく進むので、止め時わからず一気に読んでしまった。面白かった。

・ピーター・ハクソーゼン「敵対水域」

・フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
SF映画「ブレードランナー」の原作本。「ペットがステータス」という世界観が面白い。いまさらですが、原作だと人造人間(レプリカント)の扱いて低いのね。

・スティーヴン・キング「ミザリー」
冒頭からイジメられまくる主人公がツラ過ぎて、現在中断中・・・。もの凄く元気な時に再開します。

ナルニア国物語

新宿ミラノにて「ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛」観てきました。
前作観てからしばらくたってたせいか「魔女ってなんだっけ?」とか、世界観についてけないトコあったけど、力押しの演出が良かった。
個人的にはキャラクターの心情をもう少しみたかったような。
カスピアン王子、ずーっとヤな奴だと思ってたけど、実はいい人なのね。

いまさらニンテンドーDSのテトリスやってます。(主にパズルモード)
テトリス久々なせいか、あまりにヘタな自分にビックリ。あれ、俺ってこんなにヘタだっけ・・・?

TGM 3 Tetris Arika !!! Invisible Tetris

有名なテトリス・スーパープレイ。中盤からもの凄い事になってます。

the musicのアルバム買いました。
1、2枚目の流れを期待したせいかちょっと物足りない気もするけど、気にせずもうしばらくチビチビ聞いてます。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode