80年代アニメ ベストセレクション

新文芸座オールナイト「80年代アニメ ベストセレクション」行ってきました。
ラインナップは
・伝説巨神 イデオン 接触篇
・伝説巨神 イデオン 発動篇
・王立宇宙軍 オネアミスの翼
・超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
の4本。「オネアミス」はいちいち丁寧につくってて、製作者の熱意が伝わってくる。久々に観たけどやっぱりよく出来てます。
「イデオン」は今見ると絵柄はちょっと古いかな・・・。

先週の3連休はデザフェスの打ち合わせやったり、皆で花やしき行ったり、「パンズ・ラビリンス」観に行ったり、ホークスがクライマックス・シリーズ負けたり(・・・)と色々ありました。「パンズ・ラビリンス」は思ったよりファンタジーじゃなかったけど、切ないラストにちょっと感動。余韻残るいい映画だった。


代官山のクラブ

代官山のクラブ行ってきました。
ちゃんこ屋でお誕生会→軽く二次会→代官山へ。
いつも行くのと違って、ライブとDJを1時間おきくらい交互にやるのが新鮮だった。
ただ、ペース配分を間違えたせいかちょっと消化不良。くそう、勿体無い・・・。

Mike Mignola「Baltimore: Or the Steadfast Tin Soldier and the Vampire」Nicolas De Crecy「Glacial Period」購入。
「Baltimore」は漫画じゃないのね・・・。Mike Mignola絵は表紙と挿絵くらい。全編英語だからちゃんと読むかどうかはちと微妙。
「Glacial Period」はNicolas De Crecy独特の世界観がカッコイイ。日本人受けしないけど、このセンスいいなあ。



松本清張「喪失の儀礼」ノア・ゴードン「未来への扉―千年医師物語〈3〉」読了。

「喪失の儀礼」は女性の執念が怖かった。そこまで用意周到に復讐しなくても・・・。「絆創膏」「俳句」など小物の選び方が面白いなあと思ってしまった。

「未来への扉」は千年医師物語3部作の完結編。
11世紀から続いたロブ・J一家のお話も、現代編である「未来への扉」で終了。主人公は女性医師のRJ。
女性の視点で中絶問題を扱っていくのが興味深かった。2部は開拓時代のインディアン、黒人問題で、1部は・・・なんだっけ?
読みながら「これでもうロブ・Jのお話は終わりなのか・・・」と寂しくなってしまった。もうこのシリーズやらないのかなぁ。もっと読みたいんだけどなぁ。
3部作のラストをあっさり終わらせるのは良かったけど、ほんちょっとでいいからRJのその後を描いて欲しかった。

最新アニメ ベストセレクション

新文芸座オールナイトにて「最新アニメ ベストセレクション」観て来ました。
アトリエの面子でお誕生日会→軽く呑んでから池袋へ。
お酒入ってたので起きてられるか心配だったけど、ウトウトする事も無くしっかり鑑賞。
ラインナップは
・鉄コン筋クリート
・秒速5センチメートル
・時をかける少女
・パプリカ
の4本。「秒速5センチメートル」は初見。

「秒速5センチメートル」は3本の短編集。
雰囲気のある背景、雰囲気のある色使いは好きなんだけど・・・ストーリーに全く入り込めず。
丁寧に演出しようとしてるし、「繊細で純粋な人は好きなんだろうな」てのはわかるんだけど・・・。
・告白決意した女子高生が入ったコンビニで「だいじょーぶー♪」のBGM。
・送り先のないメール(詩?)を打ち続ける主人公。
・・・とかでドラマに入れず醒めてしまう。まあ、結局「自分には合わない」て事なんでしょうけど・・・。

新文芸座のアニメオールナイトは、毎回込んでる事が多いけど、今回は通路にパイプ椅子設置されたりして、ほぼ満席状態。
やっぱり「時をかける少女」を観に来た人が多いのかな。
個人的なお目当ては「鉄コン筋」。CGで再現された街並を、劇場の大画面で見れただけで満足です。


アメコミ「The Matrix Comics」「Batman The Chalice」「Aliens 1」購入。

「The Matrix Comics」はGeof Darrow、Bill Sienkiewiczなど豪華ラインナップ。そのかわり各エピソードのページ数は少なめ。
「ウォッチメン」の作画で有名なDave Gibbonsの短編が面白かった。

「Batman The Chalice」はJohn Van Fleetのコントラスト効いた絵が良かった。

「Aliens 1」はオムニバス。Mike Mignola目当てだと、全編白黒だし、少し物足りないかも

ちょっと遅い花火

先週末、多摩川で花火してきました。
時期としてはちょっと遅いかなと思ったけど、多摩川付くとすでに他の花火グループがちらほら。いまの時期でそこそこいるくらいだから、全盛期はもっと凄かったのかな。

そのあとは恒例の飲み会。そしてスシアンルーレット(1個だけワサビ入り)。なんかこの面子の飲み会は、毎回スシアンルーレットやってる気がするなあ・・・。いや盛り上がるし楽しいんですけどね。
メニューにはなかったのに快くやってくれる店員さん。ノリのいい人で良かった。


アメコミ映画「アイアンマン」のトレイラー解禁。
ちょっと期待してます。
http://www.apple.com/trailers/paramount/ironman/


ジャック・ヒギンズ「鷲は飛び立った」、松本清張「黒革の手帖」、エドガー・ライス・バローズ「火星のプリンセス」、スティーヴン・キング「神々のワードプロセッサ」読了。

「鷲は飛び立った」は「鷲は舞い降りた」の続編。前作読んでから随分立つから、登場人物忘れてしまった・・・。
前作よりリアリティ薄くなったような気もするけど、面白かった。続編匂わせるラストも良かった。

「黒革の手帖」は高級クラブ経営する主人公が、魑魅魍魎の銀座でのし上がっていくお話。主人公の元子に感情移入してると、ラストが後味悪く感じてしまう、かも。米倉涼子のドラマ版もみてみようかな。

「火星のプリンセス」はおおらかなSF。(ヒロイック・ファンタジー?)
武部本一郎の雰囲気ある挿絵が良かった。画集何冊か出てるみたいだし買おうかな。

「神々のワードプロセッサ」は全6編の短編集。作家に影響され少しずつ狂っていくお話「しなやかな銃弾のバラード」が面白かった。
  • 2007.09.15 Saturday
  • -
  • 02:58
  • -
  • -

WIRE07とグラインドハウス

横浜アリーナにて「WIRE07」行ってきました。
WIREは今回が初参加。絵画教室終わってから、ハイピッチで呑んで新横浜へ。
テクノ系はクラブでも数回しか行った事ないけど、思ってたより随分と客層違うような。(て規模が違うから当たり前か)
年齢制限無しだからか若いお客さんが多かった。10代の子もチラホラ。あとタトゥー率とグラサン率が高かった。
今回は初参加なので「雰囲気楽しめればいいや」くらいの軽いつもりだったけど、最後はやっぱり疲労困憊、ヘロヘロです。


m2さんから「グラインドハウス映画入門」頂きました。ありがとうござます。
「プラネット・テラー」と「デス・プルーフ」の映画2本分の紹介と、さらに「グラインドハウスとはなんぞや?」とグラインドハウス自体の説明もあり。密度が凄い事になってます。パンフレット買う必要ないな・・・。
映画は「プラネット・テラー」「デス・プルーフ」両方面白かった。お客さん選ぶかもしれないけど・・・。

「プラネット・テラー」はヒロインがカッコ良かった。
凶暴なベビーシッター役の双子?が良かった。
「ついでに殺しとこう」みたいな犬の最期に笑ってしまった。
やたらとカッコ良いエル・レイ、保安官役のマイケル・ビーンなど男性キャラもいい味出してた。
女医役の人、ず−っと「誰だっけな」と思いながら観てたけど、シン・シティの冒頭で殺される人なのね。雰囲気違うからわからなかった・・・。

「デス・プルーフ」は先の展開が読めずにハラハラドキドキ。
ゾーイのスタントが凄かった。
カート・ラッセルの楽しそうな演技が良かった。
タランティーノの女性の描き方がキュートで良かった。
出番少ないけどチアリーダーの子が良かった。「可愛いだけで、空気読めない女だなー」て周りから思われてるんだろうなー。

個人的には「デス・プルーフ」のほうが面白かった。(タランティーノ好きなので)
1週間の2本立て期間が終わって、これからは追加カットがプラスされた単品での公開。連続で観て楽しめるネタが多いから、単品でも行くかはちょっと微妙・・・。半年後ぐらいにどっかで2本立てでやってくれれば、また行くんだけどなあ。

トランスフォーマー2回目

トランスフォーマー2回目行ってきました。
今回は2回目だけあって後半のガチャガチャした戦闘シーンもじっくり落ち着いて鑑賞。
ストーリーは2回観てもやっぱりグダグダだったけど、時間あればもう一回くらい行きたいなあ。

先週末、クラブ行って来ました。
今回はいつも行くのとは違うイベントで、客さんの6、7割が女性。なんか不思議な雰囲気。曲も若干、邦楽が多かったような。
まあ、お目当てのKLAXONS聞けたんで満足です。

SUMMER SONIC 2007

今年もSUMMER SONIC 2007行ってきました。
今年の千葉も記録的な猛暑。
マリンステージ(マリンスタジアム)では、バタバタと倒れる人続出。白目剥いて失神した女の子見た時はショックでした・・・。

◎8/11
・THE PIPETTES
・OK GO
・EDITORS
・B'z
・DIGITALISM
・DINOSAUR Jr.
・KLAXONS
・SUM 41

「OK GO」・・・ちゃんと真面目に演奏してて好印象(当たり前か・・・)。スーツが暑そうだった。

「B'z」・・・最近の曲ばかりじゃなく、昔の曲メインでやってくれたら盛り上がれたかも。

「DINOSAUR Jr.」・・・ベストしか聴いてなかったけど、生で聴くと印象が180度ガラリと変わった。かっこ良かった。
前半、アンプの調子が悪いのかグダグダなとこもあったけど、アクシデントにマイペースで対応するメンバーが微笑ましい。
流れに巻き込まれて、ふと気付くとほぼ前列に。汗びっちょり、もみくちゃにされました。でも楽しかった。

「KLAXONS」・・・ボーカルが骨折→車椅子で演奏、と最悪の状態だったけど、生で見れただけでもう満足。
こちらも前列まで巻き込まれ、周りは大盛り上がり。楽しかった。

◎8/12
・THE ENEMY
・HADOUKEN!
・THE FRATELLIS
・BLOC PARTY
・MANIC STREET PREACHERS
・KASABIAN
・ARCTIC MONKEYS

「BLOC PARTY」・・・途中、ステージ降りて通路を走りまくるケリーをタッチ。楽しそうに歌ってるのが良かった。

「KASABIAN」・・・「Club Foot」の盛り上がりが凄かった。前回のサマソニより貫禄ついたような気がする。良かった。

「ARCTIC MONKEYS」・・・MC無しのほぼノンストップで、1時間15分歌い切って終了。メンバー平均21、2歳だけあって、体力あります。
1st、2ndそんなに聞き込んだ訳じゃないけど、どの曲も掛かれば「あっあの曲だ」とちゃんとわかるのはやっぱり凄いかも。

今回は初の二日参加、だいぶ体力使いました。次の日ヘロヘロです。
屋外が多かったので、腕と顔の日焼けが凄い事に。なんか猿みたいな顔になってるし。
しばらくは大きいイベントも無いし、ぼやーんとゆっくりします。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode